カラオケを人前で歌うのが辛い!

カラオケ 上達法 | 音痴を克服する方法

私は、最初は自分が音痴だとは思っていませんでした。

 

大学生になってサークルの新歓コンパがあったのですが、
その2次会での出来事です。

 

2次会は、みんなでカラオケで盛り上がろうということになり、
私はそのときまで音痴だとは思ってなくて、(むしろ歌はそこそこ歌えると思ってた)
自分のお気に入りの曲をノリノリで歌っていました。

 

歌い終わって一息ついていると、
「お前、歌へただな〜(笑」
とサークルの先輩から言われたのです。

 

自分では、そこまで下手だとは思っていなかっただけに、
先輩の一言は本当にショックでした。

 

それからは、2次会でカラオケに行くのがとても辛くなり、
カラオケという言葉も嫌になってしまいました。

 

2次会のカラオケが好きになりました!

 

カラオケ 上達法 | 音痴を克服する方法

学生でも、社会人でも、飲み会の次に行くところは、
ほとんどがカラオケです。

 

上司に誘われたら、さすがに断ることも出来ず、
カラオケに行けば1人1曲は歌わなければいけません。

 

プロのようにうまく歌える必要はないので、
せめて人並みにうまく歌えれば・・・。

 

そう思って、インターネットの検索エンジンで、
「音痴をなおす」「カラオケでうまく歌う方法」などと調べていると、
「14日間続ける音痴克服プログラム」に出会いました。

 

たったの2週間のトレーニングで、音痴が直るのであれば、
これほど嬉しいことはありません。

 

これまで、歌のうまい・下手は生まれつきの才能だからと、
少しあきらめていましたが、この音痴克服プログラムを実施してみて、
以前の私の歌声からは想像も出来ないほど上達しているのがわかったのです。

 

短期間で歌唱力をアップさせることが出来て、
カラオケに誘われても平気になりました。

 

そして、友達や会社の仲間とのコミュニケーションもうまくいき、
本当にこのプログラムに出会えて良かったと感謝しています。

 

長年、カラオケのことで悩んでいるあなたは、新しい自分になれるチャンスだと思います。